記紀神話

【ざっくり記紀神話】17.大年神

更新日:

※あらすじは、『古事記』版を元としています。

スポンサードサーチ

【あらすじ/要約】

唐突に、須佐男之命の御子である大年神の系譜が紹介される。
生まれたの神々のほとんどが土地や生産に関係している。

大年神の御子神

大年神は多くの神の父であるとされている。

伊怒比売(いのひめ)との間の御子神

   ※神活須毘神(かむいくすびのかみ)の娘

  ・大国御魂神(おおくにみたまのかみ) ※国土の神霊の意
  ・韓神(からのかみ) ※百済からの渡来氏族が信仰した神?
  ・曽富理神(そほりつのかみ) ※渡来神?
  ・白日神(しらひのかみ) ※太陽の神
  ・聖神(ひじりのかみ) ※農耕神

香用比売(かよひめ)との間の御子神

  ・大香山戸臣神(おおかがやまとおみのかみ)
  ・御年神(みとしのかみ) ※稲の神

天知迦流美豆比売(あめちかるみずひめ)との間の御子神

  ・奥津日子神(おきつひこのかみ) ※熾の神
  ・奥津比売命(おきつひめのみこと) ※熾の神
    =大戸比売神(おおべひめのかみ) ※竈の神

  ・大山咋神(おおやまくいのかみ)
    =山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)※鳴鏑を使う神
    日枝大社(滋賀)と松尾大社(京都)に祀られる神

  ・庭津日神(にわつひのかみ) ※屋敷の神
  ・阿須波神(あすはのかみ) ※屋敷の神
  ・波比岐神(はひきのかみ)
  ・香山戸臣神(かがやまとおみのかみ)
  ・羽山戸神(はやまとのかみ) ※山麓の神
  ・庭高津日神(にわたかつひのかみ) ※屋敷の神
  ・大土神(おおつちのかみ)=土之御祖神 ※土神

【キーワード】

・大年神
・御年神
・大山咋神=山末之大主神
・日吉大社
・松尾大社

-記紀神話

Copyright© 浮世探訪記 , 2021 All Rights Reserved.