記紀神話

【ざっくり記紀神話】1.天地初発-別天津神と神世七代-

更新日:

※あらすじは、『古事記』版を元としています。

スポンサードサーチ

 【あらすじ/要約】

●混沌の世界に天と地がはじめて開けた時、高天原に天之御中主神高御産巣日神神産巣日神が出現する。
●生まれたばかりの国は、固まらずに水に浮いた脂のような、海月のように漂っていた。
●その時、葦牙のごとく勢いよく伸びるものより宇摩志阿斯訶備比古遅神が、次に天之常立神が出現した。
●ここまでの五柱の神は別天津神といい、独神の為、程なくして姿を隠されてしまった。

●次に国之常立神豊雲野神が出現。この二柱の神も独神の為、姿を隠された。

●次からは男女対になる神々が出現する。
  宇比地邇神・須比智邇神
  角杙神・活杙神
  意富斗能地・大斗乃弁神
  於母陀流神・阿夜訶志古泥神
  伊邪那岐神・伊邪那美神である。

●国之常立神〜伊邪那美神までを神世七代という。

 【キーワード】

高天原(たかまのはら)
別天津神(ことあまつかみ)
造化三神(ぞうかさんしん)
神世七代(かみよななよ)
 

スポンサードサーチ

 【登場する神様】

別天津神

●高天原に現れた神々
 ・天之御中主神(あめのみなかのぬし)造化三神
 ・高御産巣日神(たかみむすひのかみ)造化三神
 ・神産巣日神(かみむすひのかみ)造化三神

●生まれたばかりの国に現れた神々
 ・宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)
 ・天之常立神(あめのとこたちのかみ)

神世七代

●別天津神の後に現れた神々(七代十二柱)
 1 国之常立神(くにのとこたちのかみ) 独神
 2 豊雲野神(とよくものかみ) 独神

 3 宇比地邇神(うひじにのかみ) 男神  最初の泥土の神
   須比智邇神(すひじにのかみ) 女神  砂と泥土の神

 4 角杙神(つのぐいのかみ) 男神  杭 / 境 / 国土の神 
   活杙神(いくぐいのかみ) 女神  杭 / 境 / 国土の神

 5 意富斗能地神(おほとのじのかみ) 男神  陰部を神格した神
   大斗乃弁神(おおとのべのかみ) 女神  立派な性器を持つ神

 6 於母陀流神(おもだるのかみ) 男神  容貌のととのった神
   阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ) 女神  容貌のととのった恐れ多い神

 7 伊邪那岐神(いざなぎのかみ) 男神 誘う神
   伊邪那美神(いざなみのかみ) 女神 誘う神

-記紀神話

Copyright© 浮世探訪記 , 2021 All Rights Reserved.